トップ >> 飲食店・グルメ >> 食呑樂処 いろり家箱根町
宮ノ下温泉では数少ない酒処

食呑樂処 いろり家いろりや

食呑樂処 いろり家箱根登山電車の宮ノ下駅を降り、チャプリンの遊歩道を抜けて、さらに楽天地の裏路地へ・・閑静な住宅街の中にたたずむお店です。
 
昼の部の食事処では「高級食材をリーズナブルなお値段で」 をテーマに鮑(あわび)丼とステーキ丼を中心にご提供。
 
昼の部の食事処では「高級食材をリーズナブルなお値段で」 をテーマに鮑(あわび)丼とステーキ丼を中心にご提供。
 
夜の部の居酒屋では、地元産や季節の食材を中心に常時20品以上のお料理をご用意。
 
夜の部の居酒屋では、地元産や季節の食材を中心に常時20品以上のお料理をご用意。
 

高級食材をリーズナブルなお値段で

箱根登山線宮ノ下駅から徒歩15分。マップを片手に細い道を辿っていくと、住宅街の中にいろり家の看板が。
階段を降りた先に白いのれんのある店が「食呑樂処 いろり家」です。

温かみのある照明の店内には、中央にテーブル席、窓際に小上がり席があり、全部で13席ほど。

2008年に先代から引き継ぐと共に料理を一新。
オーナーの地元でもある箱根で何を食べてもらいたいか、試行錯誤の結果「足柄牛ステーキ丼」「鮑丼」に行き着いたそうで、ランチはこの2品のみ。

足柄牛は自然豊かな足柄平野で育まれた、きめ細かい肉質が特徴。甘みのあるすっきりとした自家製ソースと、塩や山葵を少々つけていただきます。
お後は添えてある温玉を入れてまろやかに。

鮑は、軽くソテー。肝ソースで和えてご飯にのせます。
一口食べると豊かな磯の香りに包まれ、ご飯がどんどん進んでしまう魅惑の逸品。
 

「孤独のグルメ」で放映されました

「孤独のグルメ」で放映されてからは外国の方も多く土日は早い時間に完売ということもしばしば。

予約は11:30、18:00の開店時間のみ可能。

夜は上記の2品以外に、目利きの地元業者と相談し、大山地鶏の唐揚げや旬の魚などを揃えます。

居酒屋だけあってお酒も豊富で地元の方にも人気。散策の締めに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 

住所箱根町宮ノ下296
電話0460-82-3831
営業時間11:30~13:30L.O.
18:00~21:30L.O.
定休日木曜定休
駐車場3台
最寄駅箱根登山線宮ノ下駅
規模
ホームページhttp://www.miyanoshita.com/iroriya/

詳細情報

地場の牛肉にこだわった足柄牛ステーキ丼

1650円
 

香り良い肝ソースの鮑丼

2000円
 

地元をはじめ観光客の方々も

平成20年9月より、昼間もお食事処として営業することとなりました。
居酒屋ともどもご利用ください。
 

メモ

青色十色2018年11月号より掲載しています。
 

周辺のお店・事業

どこどこに登録しませんか?

カテゴリーで選ぶ

  • 飲食店・グルメ
  • 買い物
  • 美容・ビューティー
  • 遊ぶ・レジャー
  • 住まい
  • 健康
  • 士業
  • 習う
  • 専門サービス

新着情報

Copyright© 2015 dokodoko All Rights Reserved.